忍者ブログ
The sims2のプレイ日記

2017

1219
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007

0422
snapshot_930086c3_53315531.jpg
「礼治ちゃ~ん、あぷあぷあぷ」
「きゃっ」
弘美ちゃん達にとっては最後の子供。
一番かわいい子供。


snapshot_930086c3_d3315648.jpg
「高い高……」
「げろ」
「……」
調子に乗って、何度も高い高いをしたら、吐かれました。
ついでに、礼治君のオムツもにおってきて、すごい光景に。


snapshot_930086c3_533649a8.jpg
翌朝。
結衣ちゃんの畑は、末期的状態に。
もういい加減全部抜いて、たい肥にでも変えたほうがよさそうです。
一本はすでに枯死してるし。


snapshot_930086c3_533649dc.jpg
かなた君が畑いじりをしていると、家の前をうろうろする人物が。
どうしたことか、樹君です。
「やあ、これはどうも。あんまり会ったことないけど、お久しぶりです」
「あ……。どうも……」
普通、来ますか? 元鞘に戻った女の家に。


snapshot_930086c3_d3364a80.jpg
樹君が訪ねてきたのはいいのですが、かなた君はお仕事の時間。
弘美ちゃんもすでに仕事に行ったので、久しぶりにベビーシッターさんを雇うことにしました。


snapshot_930086c3_53364aa5.jpg
そのころの礼治君。
オムツが汚れて、緑の煙に包まれていました。
オムツ、替えてくれるんでしょうか。


snapshot_930086c3_13364ace.jpg
「はいはい。何泣いてるの~? お腹が空いたんでちゅね~?」
いきなり、違う……。
あなたの目には、翠の煙は見えないんですか。


snapshot_930086c3_13364add.jpg
「あぶ……」
お尻の気持ち悪さのあまり、礼治君、半目。


snapshot_930086c3_33364b09.jpg
ミルクを強制的に飲まされたのもつかの間。
「は~い。ちょっとここに、ねんねしててね~」
あ、こら、赤ん坊を床の上に置くな……。


snapshot_930086c3_13364b1f.jpg
「さてと。あら……。私、何をしようと思っていたのかしら」
ベビーシッター、しばし停止。


snapshot_930086c3_d3364b45.jpg
「そうそう。おむつね、おむつ」
ようやく替えてくれました。
でも、礼治の頭が天井からつるした鍋、フライパンに埋もれてるんですが。
それから、どうして隣の部屋にあるオムツ交換台は使ってくれないのか。


snapshot_930086c3_d3364b59.jpg
ほら、キッチンでオムツなんか替えるから、臭うオムツが落ちちゃったじゃない。
ついでに、哺乳瓶も散乱。
すごい光景だな。


snapshot_930086c3_93364b6d.jpg
「はい、またちょっとここにいてちょうだいね~」
床のゴミにつけ加わる礼治君……。


snapshot_930086c3_93364b82.jpg
「おむつは捨てておきましょうね~」
捨てるのは構わないんですが、なぜその前に、赤ちゃんをベビーベッドの中に戻さないんです?


snapshot_930086c3_53364b9a.jpg
ゴミ捨てをしたベビーシッターの目に、ピアノが映ったようです。
「あら、素敵なピアノねぇ」
いや、だから、赤ちゃんをベッドに戻そうよ。


snapshot_930086c3_93364ba4.jpg
「これでも週に二日、ピアノ教室に通っているんですよ~」
これが、意外とうまかった。
でも、赤ちゃん……。
頼む、仕事してくれ。


snapshot_930086c3_33364bbf.jpg
礼治君、哺乳瓶と一緒に床に散乱。
……ひどいもんです。
そろそろ昼過ぎ……。


snapshot_930086c3_53364bf3.jpg
「あら、この家にはワンちゃんもいたのね」
今度は、ころに構いたいらしい。
仕事……。


snapshot_930086c3_13364c12.jpg
「うん? お前なんでこんな所に寝てんの」
救世主が現れました。
まだ帰ってなかったのね、樹君。


snapshot_930086c3_33364c26.jpg
「ははっ。赤ん坊って、ちっこくてあったかいなぁ……。ミルクのにおいがする」
礼治君を抱きしめてくれた樹君。


snapshot_930086c3_33364c2d.jpg
「結衣もこんなだったっけか。もう覚えてないな」
けれども小さな体をこうして抱けば、おぼろげな記憶も再び鮮明にぬりかわっていきます。
思えば、弘美ちゃんという人がいなければ、樹君は今も天涯孤独な身の上のまま、一人で生きていたことでしょう。
「けど俺、どっかにもう一人子供ができちゃったらしいしな……」
樹君どうやら、このことを弘美ちゃんに相談したくて、訪ねて来たようです。


snapshot_930086c3_53364c64.jpg
そのころのベビーシッター。
お取り込み中。


snapshot_930086c3_d3364cbe.jpg
「そうそう。ピアノですっかり忘れていたけど、夕方のお料理番組の時間だわ」
トイレの後は、テレビ。
もうあんたはいいよ。
樹君のほうが、よっぽどか頼りにな……


snapshot_930086c3_53364ccc.jpg
「じゃあな」
って、おいーーーーー。
樹君も床に放置の人でした。


snapshot_930086c3_d3364cef.jpg
「料理の途中て、結構気が散りません? 気がついたら、フライパン焦がしたりなんか」
「あらー。私なんか、しょっちゅうよ」
ああ……。
もう、弘美ちゃんが帰って来るまで待つしか……。


snapshot_930086c3_f3364d21.jpg
「そうそう。私ったら、赤ちゃんのことをすっかり忘れていたわ」
自分の仕事、忘れるやな……。


snapshot_930086c3_d3364d28.jpg
「あら、またちょっとごめんなさいね」
え!?
ベビーベッドに寝かせてくれるんじゃないの!!?


snapshot_930086c3_13364d4f.jpg
どうやら、樹君が彼女に話しかけてきたからのようでした。
「ファーストキスなんて、もうはるか昔のことだわ~」
「やっぱり、最初は違いますよねぇ」
どうなる、礼治君。
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[07/23 T.Kobayashi]
[06/08 快]
[06/06 快]
[06/06 美咲]
[05/23 美咲]
最新記事
(04/21)
(06/23)
(06/23)
(06/23)
(06/23)
プロフィール
HN:
うに
性別:
女性
職業:
学生
自己紹介:
■The sims2プレイ環境:
本体+キャンパス+ナイト+ショップ+ファミリー+ゴージャス+ペット+ウィンター+シーズンズ
■プレイスタイル:
シムの行動や願望から、ストーリーを脳内補完して楽しんでいます。
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP