忍者ブログ
The sims2のプレイ日記

2017

1118
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007

0105

キャンパスライフ第三期生の紹介です。

snapshot_b2a96f7d_d2a96f7f.jpg

■佐田家 弘美(家族願望)

専攻:文学

佐田家麻美ちゃんの末っ子。

パパとママに大事に育てられた、箱入り娘です。

大学で、将来のお婿さんと出会いたい、家族願望一筋なシム。

snapshot_b2a96f7d_d2a97120.jpg

■竹中 樹(いつき)(ロマンス願望)

専攻:芸術

十代のとき、単身プリーザントビューに引っ越してきた謎のシム。

素性は分かりませんが、とりあえず女の子の好みははっきりしているようです。

snapshot_b2a96f7d_d2a97133.jpg

■堀川 圭(名声願望)

専攻:未専攻

堀川圭志君の一人息子。

いたずら好きな性格は、父親からしっかりと受け継がれています。

snapshot_b2a96f7d_32a970be.jpg

■カルイッシュー 修太(財産願望)

専攻:生物

いまひとつ、容姿にさわやかな若さが感じられない若者。

とりあえず、かわいい彼女をゲットするために大学に来たようです。

snapshot_b2a96f7d_12a96fde.jpg

■ストライフ イリーナ(知識願望)

専攻:数学

ちょっとこわもての女の子。

一番下の妹が成長したため、ところてん式に家から追い出されたという、ちょっとかわいそうな子。

大家族は大変です。

 

以上の5人で、寮での共同生活を始めたいと思います。

PR

2007

0105

10.jpg

「弘美……。立派に成長して……。くううっ!」

「ママ、泣かないで。まるで今生の別れみたいじゃない! それじゃ、私いくね」

麻美ちゃん、わが子の成長に涙です。

あの小さかった弘美ちゃんが、今日こうしてアカデミー・ル・トゥールに通うことになったのです。

snapshot_b2a96f7d_72a97096.jpg

さて、寮に入った弘美ちゃん、早速食堂でイリーナちゃんと出会いました。

「私、弘美。これから四年間よろしくね!」

「私はイリーナ。こちらこそよろしく」

末っ子だった弘美ちゃんにたいして、イリーナちゃんは三人の妹を持つお姉ちゃん。

同い年でも、彼女の方がちょっと大人っぽいようです。

snapshot_b2a96f7d_32a97167.jpg

こちらでも、男性陣が顔を突き合せました。

「俺、修太。誰かかわいい子を見つけたら、紹介してくれな。俺、大学ではバイトと彼女探しに専念するつもりだから。リッチな人生には、金と良き妻が必要不可欠だからな」

「俺、樹。ま、適当によろしく」

「がつがつ」

圭君は食べるのに必死で、自己紹介なんか聞いちゃいません。

snapshot_b2a96f7d_12a97324.jpg

食事の後、弘美ちゃんは寮の談話室へとやってきました。

テレビがおいてあるのはここしかないんですが……。

ソファーはすでに、勉強中の他の寮生でふさがっていました。

「うわー。皆勉強熱心ねー!」

そりゃそうですよ。

彼らは永遠に大学生をやってるシム達ですから。

snapshot_b2a96f7d_72a9735b.jpg

イリーナちゃんはまじめです。

すぐに学期末レポートに取り掛かりました。

まだ最初の授業にも出ていないというのに、どうやって書いてるんでしょうか。

snapshot_b2a96f7d_32a973b2.jpg

樹君はそそくさと授業へ。

snapshot_b2a96f7d_92a975a1.jpg

弘美ちゃん、授業が終わるなり、麻美ちゃんに電話をかけました。

「あ、ママ? 今、授業終わったとこ。大丈夫よ。寄り道しないですぐに寮に帰るから。また寝る前に電話するねー」

パパの弘君が亡くなってまだ日が浅いですから、弘美ちゃん、一人残されたママが心配なようです。

でも麻美ちゃんは弘美ちゃんの犬、ころと、弟家族と一緒に暮らしてるから、まったくの一人ではないんですけれどね。

snapshot_b2a96f7d_d2a97e14.jpg

同じく、授業から帰ってきた樹君は、食堂に直行してました。

「うめぇうめぇ」

しかしその顔は……。

snapshot_b2a96f7d_b2a97ece.jpg

「って、おばちゃん! これ腐ってるけど……」

「あら、ごめんね」

樹君、食べる前に気づいてください。

snapshot_b2a96f7d_92a97f17.jpg

「あ、ここ座っていい? どっこいしょ」

「……」

腐ったものを食わされた次は、微妙なファッションセンスの男と相席です。

snapshot_b2a96f7d_b2a98003.jpg

あれ?

弘美ちゃんはもうお休みですか。

まだ夕方ですよ。

snapshot_b2a96f7d_52a98632.jpg

と思ったら、ただの昼寝でした。

目を覚ますなり、今度は実の姉に電話です。

「あ、お姉ちゃん? 大学の寮ってなんか楽しいわー!」

それより弘美ちゃん、ちゃんとレポートは書きましたか?

お気楽なところは、パパに似たのかもしれません。

snapshot_b2a96f7d_72a98a12.jpg

「ぐー。むにゃ……女の子……」

樹君は疲れてお休みです。

ロマンス願望なのに、今日は女の子とは縁遠い一日でしたね。

snapshot_b2a96f7d_d2a98a65.jpg

イリーナちゃんと修太君は食堂で夕食。

修太君、待望の女の子が目の前に二人もいます。

どちらも美人さんじゃありませんか。

snapshot_b2a96f7d_72a98a79.jpg

修太、えらくうれしそうです。

しかし、そのなりで女の子を口説くのは難しそうですよ。

snapshot_b2a96f7d_32a98aff.jpg

お昼寝していた弘美ちゃんが加わってきました。

「だから、リサイクルは地球を救うのよ」

「へー、イリーナちゃん環境問題にくわしいのねー」

「資源節約には俺も賛成だよ」

snapshot_b2a96f7d_32a98b35.jpg

「ところで修太君って、私のいとこになるんだよねーえ」

「俺のお袋が、弘美の親父と異父兄弟だから、形式上はな。あんまり血は近くねーと思うけど」

「私と圭君はいとこだよ。私のパパと圭君のパパは同父? 兄弟だから」

弘美ちゃんのパパの家系は、複雑怪奇なようです。

snapshot_b2a96f7d_72a98b9d.jpg

食後、弘美ちゃんは談話室で樹君とばったり。

「樹君だったっけー。私弘美。よろしくねー」

「よろしく……」

「ところで樹君は環境問題とかどう?」

「新聞紙に塩を振りかけて燃やしたら、ダイオキシンが出るかもな……」

snapshot_b2a96f7d_52a98bd0.jpg

「ふわぁー。ねむ……」

(この子、一応チェックしとこうか……)

ロマンス願望にロックオンされましたよ、弘美ちゃん。

snapshot_b2a96f7d_52a98c84.jpg

弘美ちゃん、自分の部屋にパパと一緒にとった写真を飾りました。

さあ、これからの学生生活には、どんなことが待っているのでしょうか。

あんまり、ろくな事は起こりそうにないと思いますが。

2007

0105

snapshot_b2a96f7d_f2a98f29.jpg

さあ、大学生活二日目です。

「うーん。もう朝ー?」

ぐうたらなところもある弘美ちゃん。

朝はつらいようです。

snapshot_b2a96f7d_92a98fed.jpg

とりあえず、早速レポートを書いてもらうことにしました。

ぜひとも最優等で卒業して、ママと天国のパパをびっくりさせてあげて下さい。

snapshot_b2a96f7d_b2a99006.jpg

樹君も、女の子をくどく前にレポートを。

「っかー……。やってらんねぇ」

人に頼もうにも、友達が少ないのでカリスマポイントがまだ足りてません。

snapshot_b2a96f7d_12a99166.jpg

あれ?

弘美ちゃん……。

その格好で授業に出るつもりですか?

これだから、だらしないシムは!

snapshot_b2a96f7d_92a99182.jpg

レポートを終えた樹君、早速女の子のいるテーブルで朝食。

しかし、いきなりその話題は……。

snapshot_b2a96f7d_72a991a5.jpg

(この男、朝っぱらからなに考えてるのよ)

ほら……。

怖いですよ。

snapshot_b2a96f7d_32a992ae.jpg

お金を稼ぐためには、奨学金ゲットが一番の近道。

そう気がついた修太君も、せっせとレポートです。

が、なんだか勉強している姿が似合わないですね。

snapshot_b2a96f7d_52a9940d.jpg

あ、圭君も寝巻きのまま授業に出たようです。

「どんな格好でも、とりあえず授業にさえ出れば、単位がもらえるもんねー」

「そうよねー」

圭君はともかく、弘美ちゃんには寝巻きのまま授業に出るのはやめてもらいたい……。

snapshot_b2a96f7d_52a99473.jpg

昼下がりの談話室。

「えーと、それで地球は卵にもたとえられて……」

「ふーん」

また地球環境の話題ですか。

学生の間で環境問題がはやっているんでしょうか。

snapshot_b2a96f7d_12a996ff.jpg

夜までには、みんなのレポートも終わりました。

弘美ちゃん、修太君をくすぐって遊んでます。

「あははっ! 修太君、わき腹弱いねー」

「やめろってー!」

snapshot_b2a96f7d_12a9970f.jpg

圭君は樹君とおしゃべり。

彼は名声願望だから、ひとりでも多くの友達がほしいんですね。

snapshot_b2a96f7d_52a997a5.jpg

イリーナちゃんは一人黙々と恋愛小説を読書中。

しかし、その格好は。

寝巻きと思ってダウンロードしてきたものなんですけど……。もしかして、下着?

snapshot_b2a96f7d_72a997c6.jpg

くすぐりあって遊んでいたこの二人。

今度は弘美ちゃんがゴシップを聞かせてました。

修太君、その顔は一体。

何を聞かされたんでしょう。

snapshot_b2a96f7d_12a997e8.jpg

おや、圭君、樹君と友達になれたようです。

友情の握手……。

snapshot_b2a96f7d_92a997fc.jpg

と思いきや、電気ブザー。

がっつり願望がかなってます。

snapshot_b2a96f7d_52a9980d.jpg

「あっはっは! こんな手に引っかかるなんて、案外ウブだなー」

「お前はガキかよ……!」

2007

0108

snapshot_b2a96f7d_b2ad864d.jpg

朝です。

一番に起きたのは弘美ちゃん。

snapshot_b2a96f7d_72ad869e.jpg

樹君も起きてきました。

snapshot_b2a96f7d_52ad8876.jpg

圭君も起床。

そこで踊っている女の子を指差して笑ってました。

失礼な。

snapshot_b2a96f7d_92ad8918.jpg

この三人は朝ごはん。

snapshot_b2a96f7d_d2ad8964.jpg

「実は私ね、一回警察に捕まったことあるんだー」

「まじ?」

夜遊びしていて、補導されましたもんね。

snapshot_b2a96f7d_52ad8988.jpg

おや、修太も遠くのテーブルから会話に混ざってきてました。

一緒のところに座れば良いのに。

snapshot_b2a96f7d_d2ad89bd.jpg

ほらほら、弘美ちゃん。

またそんな顔して食べてからに。

麻美ちゃんそっくり。

snapshot_b2a96f7d_92ad89f3.jpg

食後、修太君は寮生の女の子から賞賛されていました。

意外ともてる?

この子なんて、お嫁さんにどうですか?

snapshot_b2a96f7d_92ad8aaa.jpg

こちらも食後、イリーナちゃんがおもむろに課題を机の上に並べ始めました。

「実は私の成績がピンチなのよ」

「え? だってレポートやってたじゃん」

レポートを終えたとき、実は、スキルが足りなくて、成績メーターが一杯まで伸びていなかったことに気づいたんです。

snapshot_b2a96f7d_52ad8aee.jpg

「……ということで、皆。よろしく頼むわ」

「えっ!?」

「どうしてこうなるわけ?」

snapshot_b2a96f7d_d2ad8b21.jpg

樹君、いい表情してます。

ある意味、女王なイリーナちゃん。

皆さん、文句言わずに課題を手伝ってあげましょうね。

snapshot_b2a96f7d_b2ad8b4a.jpg

で、イリーナちゃん。

皆に課題をやらせて、テレビで楽しさ回復中。

snapshot_b2a96f7d_32ad8b6e.jpg

朝の授業で席をはずしていた圭君だけ、イリーナちゃんの課題をやらずにすみました。

赤毛の女の子と、のんきに遅めの朝ごはんなんて食べてます。

snapshot_b2a96f7d_d2ad8baa.jpg

「ああーん。数学科の課題なんて分からないよー!」

文系専攻の弘美ちゃん、早くもお手上げ。

snapshot_b2a96f7d_12ad8bd0.jpg

(いいな。圭だけ)

うらやましそうに圭君を見やる、三人組。

snapshot_b2a96f7d_f2ad8d05.jpg

ようやく課題を終えて、樹君がテレビ部屋にやってきました。

そこで、イリーナちゃんにあたりを見渡してもらいました。

「え? なに? いい男なんて影も形もないわよ?」

樹君、一蹴。

snapshot_b2a96f7d_12ad90f3.jpg

「ふーん。弘美って、犬飼ってるのね」

「うん。ころっていって、かわいいのよー。ゴールデンレトリーバーとシェルティーの混血なのー」

ありえるんでしょうか。そんな混血。

snapshot_b2a96f7d_32ad9108.jpg

圭君と樹君もトイレでおしゃべり。

まだお互いの友好度が低いので、積極的におしゃべりして、仲良くなってくださいね。

snapshot_b2a96f7d_72ad9150.jpg

ほっといたら枕たたきなんぞを始めてました。

その調子で、仲良くなってくれい。

でも、ここまだトイレですけどね。

2007

0108

snapshot_b2a96f7d_f2ad91a0.jpg

いきなりですが、食堂で喧嘩です。

snapshot_b2a96f7d_72ad91b0.jpg

ランドリー コーレイとブーイ ジャスミナ。

弘美ちゃん、ジャスミナを応援しているようです。

それにしても、この二人は仲が悪いな。

snapshot_b2a96f7d_12ad923d.jpg

「すごい喧嘩だったねー」

「だな」

snapshot_b2a96f7d_f2ad9278.jpg

せっかくなので、他の三人にも食卓に座ってもらいました。

snapshot_b2a96f7d_f2ad92f7.jpg

食堂に人がたくさん集まってきたので、樹君にあたりを見渡してもらうことに。

すると、

snapshot_b2a96f7d_d2ad930a.jpg

弘美ちゃん!

アナタ、光ってるよ!

どうやら、樹君との相性はかなり良いみたいです。

snapshot_b2a96f7d_32ad93db.jpg

ちなみにこの赤毛の子は……。

そんなに嫌ですか。

snapshot_b2a96f7d_52ad941f.jpg

この二人は食堂でキックバックを始めましたが、はっきり言って邪魔です。

後ろでブーイ ジャスミナが困ってるじゃありませんか。

snapshot_b2a96f7d_32ad957b.jpg

さて、皆さん一年生の前期が終了です。

がんばって勉強したおかげで、皆良い成績を取れました。

snapshot_b2a96f7d_72ad9695.jpg

一年生の後期。

修太は早速、ナンパ……ではないようです。

「悪いけど、俺のレポートやってほしいんだー」

溜まったカリスマポイントを使うときが来たようです。

snapshot_b2a96f7d_92ad9926.jpg

樹君も男の子をナンパ……、じゃなくて。

「俺のレポートやってくんない?」

彼も、自分じゃやりたくないようです。

snapshot_b2a96f7d_b2ad99db.jpg

突如来襲する、トーガ姿の双子。

グリークハウスの人達です。

snapshot_b2a96f7d_92ad9a39.jpg

実は圭君が呼んだのでした。

圭君、この後無事にグリークハウスの会員に。

snapshot_b2a96f7d_d2ad9b2c.jpg

樹君、人にレポートをやらせている間に、女の子とおしゃべり中。

こうして徐々に寮の女の子達と仲良くなっていくつもり。

snapshot_b2a96f7d_32ad9bf1.jpg

うわっ。

女の子がたくさん集まってきた!

樹君、誰に声をかけますか?

snapshot_b2a96f7d_72ad9db2.jpg

皆で仲良く夕ご飯。

メニューは毎日同じ。マカロニチーズ。

たまにスパゲティー。

snapshot_b2a96f7d_12ad9dcf.jpg

圭君はレポート。

自力でやるなんて、えらいです。

snapshot_b2a96f7d_72ad9de7.jpg

修太はトイレ掃除。

それぞれの夕べ。

snapshot_b2a96f7d_32ad9e92.jpg

あ、まだいたの?

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[07/23 T.Kobayashi]
[06/08 快]
[06/06 快]
[06/06 美咲]
[05/23 美咲]
最新記事
(04/21)
(06/23)
(06/23)
(06/23)
(06/23)
プロフィール
HN:
うに
性別:
女性
職業:
学生
自己紹介:
■The sims2プレイ環境:
本体+キャンパス+ナイト+ショップ+ファミリー+ゴージャス+ペット+ウィンター+シーズンズ
■プレイスタイル:
シムの行動や願望から、ストーリーを脳内補完して楽しんでいます。
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP